求人倍率の高い職業はなんだろう?

求人倍率の高い職業を知ろう!

  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像
  • ヘッダー画像

求人倍率って何?

皆さんは、どのような仕事内容の業種が最も働く人を求めているか、想像がつきますか? かくいう私も、この質問を投げかけてとっさに思いつくのはとても難しいことだなと感じます。 実際に、どのような仕事がより多くの人員を必要としているのか、詳しく見ていきましょう。 続きを読む

最も求人倍率の高い職業は何だろう

就職活動を今している、もしくは過去にしたことがある人にとっては非常に聞きなじみのあるワード、「求人倍率」。
これはどういう意味なのでしょうか。

求人倍率とは、仕事を探している人1人に対して、何件求人があるかという倍率を表しています。
例えば「求人倍率が1.0」という場合は、仕事を探している人1人あたり1件の求人がある、という事です。
この数値が上がれば上がるほどに、企業が沢山働く人を必要としているという事になります。
求人倍率はその時その時の経済とも大きく関係しています。
つまり、数値が高いと企業の景気が良く、人を雇う元気を多く持っているし、逆の場合は人をたくさん雇う元気がないと捉えられるのです。
このことから求人倍率は、経済指標の一つとしてとても大切なデータなのです。
逆に数値が低くなればなるほど「企業がそれほど働く人を必要としていない」という風にも捉えることができます。

一言に「求人倍率」と言っても、実はどのような人を対象に割り出されているかという事に着目して、いくつかの種類に分かれます。
その中でも知っておきたいのが、「新規求人倍率」「有効求人倍率」の2つと言えるでしょう。

新規求人倍率とは、データの対象月に新しく申し込まれた求人の数と職を求めている人の数を対象に計算されたデータです。
そして有効求人倍率とは、データの対象月全体の求人の数と職を求めている人の数を対象に計算されたデータです。
今回はこの「求人倍率」を基に、どの職種が最も多くの人を求めているかを知っていきましょう!

人手不足が深刻な「意外な職業」とは?

求人倍率が高い、すなわち人気ののない職業というイメージがありますが、必ずしもそうだとは言い切れないようです。 イメージでは人気のある仕事の中にも、今人材が不足している実態があるようです。 一体どのような仕事がそのような職種なのでしょうか。 早速紹介します。 続きを読む

「責任の重い仕事」は敬遠される?

どんどん職種が多岐にわたっている現在。 色々な仕事をしている人がいますが、中には医者以外でも人の安全や命に直接かかわる仕事があります。 好景気に傾いてきて需要が増えるごとに、このような仕事の求人もうなぎのぼりに増えているようです。 どのような仕事でしょうか。 続きを読む