求人倍率の高い職業はなんだろう?

求人倍率の高い職業を知ろう!

人手不足が深刻な「意外な職業」とは?

意外と求人倍率が高い職業

私が想像以上に求人倍率が高いのだとびっくりしたのがこの職業「医歯薬系の仕事」です。
文字を見たままですが、医師・歯科医・薬剤師・獣医師などがこれにあてはまります。

おそらく私以外にも、この職業の求人倍率が意外と高いことに驚く方はいるのではないでしょうか。
医者になるための大学に入る事がとても大変という事は志す人も多く、人材は足りているイメージがあるからです。
医者という職業はとても専門性の高い職業であり、直接的に人の命を扱う仕事なわけですから非常に責任の重い仕事ですよね。
求人倍率が高いという事は病院が医者を必要としているという事なのです。
実際にどの位かというと、日本の病院のうちおよそ半数が「さらに医師が必要」と回答しているほど深刻なのです。

一体なぜ医師が不足しているのでしょうか。

なぜ「医師不足」なのか。

医者が不足している原因は多岐にわたります。

まず一つ目に、医学部の入学定員数が削減されている事が挙げられます。
もちろん、誰でも目指せば就ける職業ではありませんが、かと言ってもともと狭き門をさらに狭くしてしまったことにより、必要な数をも下回るほどの医者の卵しかいないという事態になってしまっている現状のようですね。
そうなると現医者の労働時間の超過、ひいては女性の医者の労働基準も整備されず、医者という仕事が従事する者にとって非常に過酷な現場になっているのです。

医療の進歩に伴い治る病気も増えた今、患者の治療に対する期待も高まって訴訟なども増えているようです。
お医者さんへの負担は高まっているのかもしれませんね。


この記事をシェアする